「お腹を空かした少年がしなくてはいけないこと」 「お腹いっぱいになった中年がしなくてはいけないこと」

昔々、身寄りの無いお腹を空かした少年がいました。


お腹を抱えて座り込んでいます。


見ず知らずのおじいさんがそれを見かねてこう言いました。


「今すぐ、わしの釣ってきた魚を食べるかい?」


それとも・・・・


「魚釣りのしかたを知りたいかい?」


どちらか選ぶんだ。


もうお分かりだと思う。


今すぐ、魚をもらっても明日の分はもらえるかどうか分からない。


しかし、魚釣りのしかたを覚えると明日も食べられる可能性が高まる。


もちろん魚釣りのノウハウを覚えるべきだ。


その少年が覚えたのは最初は岸辺での一本釣りだった。


そして売る。


しかし、しばらくして思った。


「待てよ、これじゃぁ、何とかその日を凌げるだけだ。」


魚をもっと獲れさえすればもっと売ることができる。


「もっと獲るにはどうすればいいのか?」


船を作り、網を張る。


「でも、もし大量に穫れたとしても、どうやって売るのか?」


「誰(ターゲット)にどうやって(システム)?」


いろいろ考えて、頑張って売れるシステムを作った。


それから年月が経った。


少年は青年となり、家族もできた。


家族を養うのに十分な報酬も得られるようになっていた。


そしていつの間にか、中年のおじさんに。そしていずれ年寄りになる。


お金よりも健康のことが問題になった。


人はいつか必ず転機を迎える。


昔のように体がついて行けない。


続ける気力が落ちてきた。


才能が枯渇したんじゃないのか?


いつまで一人で続けられるのか?


今までうまく行ってると思っていたのに・・・


悩みは尽きない。


一人の誰もが、もうぼちぼち、その答えを見つけなくてはならない。



価値観の新次元化

新年おめでとうございます。



一昨年の土地購入から始まって、昨年の店舗新築、道具の断捨離、新年の価値観の新次元化と怒濤の日々でした。


退屈なのがイヤなだけですが・・・(笑)



土地購入においては、如何に正しい情報を入手するかが1番だと言うことも思い知らされました。



結果的に1番欲しい土地が手に入りましたが、かなり綱渡りでした。売り主さんの思いや、売り主さんがどこの不動産屋さんを信頼しているのかなどの裏情報が必要だし、売りに出された時点ではもう遅い。



「ここが欲しい」と目を付けたならば、売りに出される前に情報力で手に入れないといけないということを痛感。その情報を手に入れるのは、「ここが欲しい!」という強い気持ち。それしかない。



言葉には「言霊」が宿ると言いいます。




そして物(物質)にも「気」が宿るのだと思います。




「気」とはエネルギー。




正しいエネルギーを纏うには、正しい物質を持たないといけない。




怖がりやさんのワンちゃんは多い。




私やベテラントリマーには人懐っこいのに、新人トリマーには威嚇する子。



犬には人のエネルギーを読み取る能力があるのです。



たいていのワンちゃんがお家の中でお父さんが1番好きな理由は、お父さんが持つエネルギーがそのお家の中で1番強いから。



犬に教えられることはいっぱいあります。



長く物を大切にすることは重要なことですが、自分自身を新次元に送るためには、棄てないといけない物(物質)や、そのことによる価値観そのものを変える必要があると思います。



そこに留まっていること自体が退化であり、常に進化が必要ですよね。



取り留めもない話になりましたが、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


「死ぬ気で仕事する!」なんつうのは死語なの?

私は開業者には必ずこう言います。



「一生の内、一年間だけ死ぬ気で仕事してみて下さい。それがこの一年です。ロケットスタートを切りましょう!」と。



車もロケットも出だしが1番肝心なわけで。



軌道に乗れば、たまに遊んだとしてもなんてことは無い。



返事は当然「分りました。」



と100%返ってくるのですが・・・・



では100%の人が本当にその気持ちでやってるかというと、それはまったく別でして。



オーナーなんで、自分のことは全部自分が責任を負ってるわけですから。



今朝TVニュースを見ていると、今年のM-1グランプリで優勝した「とろサーモン」という芸人さんが映っていまして、彼らが吉本興業の後輩達に訓示をしたらしいのですが、それが・・・



『楽をすると”しわよせ”が来る。


苦労をすると”しあわせ”が来る。


どっちか自分で選べ。』


というもの。



『瀬戸内寂聴か!』



というツッコミもお見事。



まぁうちの若いスタッフで「瀬戸内寂聴」知ってる子、たぶんいないと思うけど。



楽ばかりではいけないし、苦労ばかりでもしんどい。



だから、いつ死ぬ気で仕事して、いつ遊ぶかはタイミングというものがあるんですよね。



企業は設立して10年後、生き残っているのは、たったの4%だそうです。



100社の内、4社です。



生き残るためにオーナーに必要なのは



1,勝負感

2,マーケティング力または営業力

3,実務能力(IT、経理、人事、総務、法律)


だと思います。



「軌道に乗るまでは死ぬ気で仕事する」なんていうのは、



いやもう開業者に言うのは大きなお世話なのかもね。



オーナーは「何をやっても自由だぁ~!!!」



生かすも殺すも自分しだい。



「分ってます!」



という人の大半は本当に分ってない。



今のやり方で「あなたは4%の仲間に入れますか?」



「もちろん、そのつもり。」


100%の人からこの答えが返って来るでしょう。


サロンで必ず売上が上がる方法があります!

10月31日をもちましておかげさまで、
アイドッグ創業、満10歳になりました。



創業時からずっとお付き合いして頂いているお客様の
ワンちゃんのお顔が白くなりました。



いつまでも元気でいてほしいです。



昨年「売上を一気に2倍にするサロンの自動集客術!」
というセミナーをさせて頂きました。



4年前に自営業から法人成りし、
「ラティ」をオープンし、
コンサルティングと物販を除く、
サービス部門の年商は2倍どころか、
約8倍と一気にブレイクスルーすることが出来ました。



また2年前、あるマーケティング手法の導入で
2度目のブレイクスルーを経験することが出来ました。



セミナー内容は
そのマーケティング手法を用いた内容だったのですが、
実はそんなことをしなくても、
もっと簡単に必ず売上の上がる、
ブレイクスルーできる方法が別にあるのです。



これはトリミングサロンではショッピングモール内のサロンを除く、
当店のような路面の独立店ではすでに取り入れているところもあります。



ただ人の美容サロンではまだほとんど無いと思います。
まだ聞いたことがありませんので。



それはあるサービスです。



今後のキーワードともなり得るサービスなのですが、
当店では店のブランディングのベクトルを転換したので、
このサービスは1/5に縮小してしまいました。



ただ売上をガンガン上げたいと思うオーナーなら、
うってつけの手法です。
これをウリに宣伝すれば、売上は間違いなく必ず上がります。
しかもガンガン上がります!



またこれはトリミングサロンよりも
人の美容サロンの方が今後有効になると思います。
人の美容サロンなら、トリミングサロンに比べて
あまりデメリットが見当たりません。



むしろ、美容サロンがなぜ誰もやってないのか不思議なくらいです。
特に複数店舗のある大きなグループで
大々的にこれをやれば、テレビにも取り上げられ、
一気にレッドオーシャンから飛び抜けるかもしれません。



さてここまでもったいぶって申し訳ありませんが、
その具体的な内容については
次回のセミナーの機会に明らかにしたいと思います。



さて、アイドッグは本日より11年目がスタートします。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

美容サロンとトリミングサロン、どっちがレッドオーシャン?

SORAです。


美容サロンとトリミングサロン、どっちが競合が激しい?




というのを考えてみました。




全国に美容サロンは24万軒。




トリミングサロンは2万軒。




単純比較は12:1です。




美容サロンは人口割合で計算できますが、
トリミングサロンの場合は世帯が基準になります。




1世帯あたり約2.5人ですので、



12:2.5



5世帯に1世帯が犬を飼っていて、多頭率は1.25なので



0.2 X 1.25 = 0.25



2.5 ÷ 0.25 = 10




12:10



と、なり、美容サロンの方がトリミングサロンより20%競合が激しいという結果となりました。




ホペビュが重宝されるのが分りますが、
それももう数年後、商品サイクルとしては衰退期に入るかもしれませんね。




トリミング業界にはそういうメディア自体がなく、
誰も広告を打たないので、Webを制するものが勝ちます。




今後、ホペト(HOT PEPPER TRIMMING)というメディアはできるのでしょうか?




トリミングサロン自体の数は美容サロンの1/12ですから、
ホトペは出来ず、今後ともこの傾向は続くと思われます。




トリミングサロンオーナーとトリマー向けのセミナーでは、
圧倒的にトリミング技術に関してのものが人気です。




もちろんトリミング技術は大事ですけど、
技術が10%向上したからと言って、利益が10%増えるわけではありません。




これは美容サロンもトリミングサロンも同じだと思いますね。




では利益を上げるために何が大事なのか?
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
ライティングです。




照明じゃありませんよ(笑)




これは後日また詳しく説明したいと思います。




では。
 

「バーン」と打て!の「バーン」て何?

「自分の言う通りにしたら何事も間違いないのに、
 部下が言うことを聞かなくて違うことをするのでイライラする」



という経験はありませんか?



長島監督が



「バーン」と打て!



と指導する。



「バーン」て何?



「なぜ分らないんだ?」



「なぜできないんだ、こんな当たり前のことが」



あなたにとっては当たり前でも、人にとっては違う。



もしあなたが軍隊の指揮官ならあなたの隊は全滅だ。



指揮官はそういうこともすべて想定して戦略を考えなくてはならない。



でもね、イライラするよね、実際(笑)



イライラした時点であなたの負け。




80:20の法則は危険かも!

80:20の法則(パレートの法則)とは・・・


8割の売上は2割の顧客(上客)で出来ている。


あとの2割の売上は残り8割の浮遊な顧客の売上。これをロングテールと言います。



ロングテール 

A, 90:10 9割の売上は1割の顧客で出来ている 
B, 80:20 8割の売上は2割の顧客で出来ている(パレートの法則)
C, 70:30 7割の売上は3割の顧客で出来ている
D, 60:40 6割の売上は4割の顧客で出来ている


この中でどれが一番リスクが高いですか?


Aですね、極論ですが上位1割の顧客を失うと9割の売上を失ってしまいます。


お店の規模が小さいほどAに近く、規模が大きくなるほどDに近づきます。


リピーターで固めた固定顧客層はそれに特化した効率のよいサービスで気持ちよくビジネスできますが、同時にリスクも高いのです。


優良顧客はめったなことで失客しない?


そんなことはありません。


失客はあなたのせいだけとは限りません。


防ぎようのない原因もありますね。


顧客が引っ越ししたら終わり。


トリミングサロンなら、ワンちゃんが亡くなったら終わりです。


つまりロングテールが長くなるほど、優良顧客の失客に左右されない盤石な経営ができるのです。