スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッシュレス導入の意味

クレジットカードやQRコード決済を導入すると手数料を支払わなくてはなりません。

(PayPayは現在無料)

 

ではなぜ導入するのでしょうか?

 

キャッシュレス決済は

 

「目の前の現金(資産)が無くなる」と言う、『心の痛み』を軽減させる

 

心理的効果があります。

 

そのため売上の増加が見込めます。

 

しかし何かを始める時はいつもそうですが、事前に告知しておくべきです。

 

お店に来た人が

 

「知らなかった、こんなことやってるんだ!」というサプライズではなく、

 

「これを見て来た!」
 

 
という新規集客の手段にしないといけません。

 
 
そして今後、政府の施策により、どんどんキャッシュレス化が進みます。 


 

実際にキャッシュレス率は著しく増加しています。



一度、カードや特にPayPay等のQRコード決済を使うとこんな便利なことはない。



もうできるだけ現金だけの店には行きたくない。



同じ店ならキャッシュレスの店に行きたい。



必ずこうなります。



サムライの時代に例えれば

 

刀を持っている相手と、丸腰の自分が対峙して勝てる見込みは「真剣白刃取り」の神業を使わない限り勝てません。

 

しかし、それではほぼ勝てる可能性はありません。

 

つまり必勝法は、その逆ですね。

 

己は必ず刀の柄を持つ立場にいること。

 

(自分が主導権を握る立場になること)

 

もし両者とも刀を持っている場合は、相手が刀を抜くよりも先に抜くことです。

 

(もし競合がいる可能性があれば、とにかく先にやるスピードが大事)

 

しかし相手が強豪の場合、これだけでは勝てません。

 

地の利を考え、心理戦も使います。

 

この戦法を使った者は生き延びて、そうでない者は死んでしまいます。

 

サムライの時代、命がかかってますから。

 
 
あ、でも、今もそうかもしれません。


→出張シャンプー開業支援プログラムはこちら



スポンサーサイト

人口減による市場減少に対応するには

人口減による市場減少に対応するには



①コストダウン↓

②付加価値アップ↑



2つの方法があると思います。



トリミングサロンの場合、法定福利費を含む労働分配率が約60%前後なのですから、コストダウンをしようとすると、どうしても自分自身も含めて、スタッフの給与をいかに抑えるかという話になってしまいます。



以前、人時生産性等の効率を高め過ぎると『顧客とスタッフの満足感が下がる』と言うお話をしました。



これではせっかく開こうとした蕾が萎んでしまうばかりです。



弊社ではコンサルティングのために「こうすればこうなる」というマーケティングテストを常に繰り返しています。


(狙った場合ほぼ予測通りの結果が出ますが、まったく狙ってない想定外のこともありますので、いいことばかりが起こるわけではありません。また、売上とは別のモノを手にするために狙って一時的に売上を下げるテストもあります。)



(例)

10%の付加価値アップ(値上げと新サービスの提案)で
 ↓
安さと便利さを求める一般顧客数(ジプシー)は10%ダウンするが
 ↓
顧客(ファン)の満足度がアップすることにより
 ↓
スタッフの満足度がアップ
 ↓
上客層(ファン)の顧客単価が上がり
 ↓
売上は10%アップする!
 ↓
顧客層のファン率がより高まっていく
(マスマーケティングからの脱却、ターゲットマーケティングへ)



ジプシーの求めるものは安さと便利さの「ニーズ Needs」であり
ファンの求めるものは気持ちよさと満足感の「ウォンツ Wants」です。



コストダウンより付加価値アップを!


→出張シャンプー開業支援プログラムはこちら


入場制限するわけ

昔の知り合いが今、広告会社にいて、チラシを依頼したら、請求が1,200万円!



「いや、キャンセル!」と言ったら、「もう印刷しています、キャンセル出来ません。」と



1,200万円分て、高松市全世帯に100回チラシ配れるほど枚数がある。



今は1回たりとも全世帯に配る気はないのに・・・



それには理由が・・・・



しかも当然、そんなのに使う資金の予定ないし・・・



憂鬱な気分になって目が覚めた。



あー良かった、夢だった~。



創業当初、高松市全世帯にチラシ配ったのが、深層心理としてあったからかもしれない。



その創業当初、友人の紹介で出張シャンプーに訪れたお家を見て驚いた。



1階は店舗設計で2階は外の階段から上がったところが自宅。



1階に入ると、オシャレな雰囲気。



これから梱包を開けようかというような海外からコンテナで届いたようなダンボールが何個も置かれてい
る。



奥様に思わず訊いた。



「これから輸入雑貨店か喫茶店でも始めるんですか?」



「いえ、これは趣味なんです。」



「私は、もしお店だとしても、見ず知らずの他人に自由に出入りされるのが嫌なんです。」



「だからお店は出しません。」と。



かなり変わった人だなと思ったけど、うちの奥様に帰ってそのことを告げると「わかるわ~」って。



奥様方にとってみれば、家はお城みたいなものなのかも。



ではトリマーにとってサロン(お店)とは?



スーパーやコンビミ、ドラッグストア、飲食店等は基本的にはどんな人でも自由に入ることができる。



でもサロンはそうじゃない。



完全予約制だし。



しかも、うちの店はネットでの自動受付はしていない。



それは新規の方は電話の声を聞いて、どんな方なのか判断してるから。



つまり入場制限をかけている。



①しゃべり方に品のない方はお断り。



②理由なく、ワクチン・狂犬病の予防接種証明書の提示がなければお断り。病気感染はお店にとって「死」を意味するから。



③ワンちゃんの年齢や状態によっては追加料金が発生することがある。トリミングサロンというのは個体によって料金が変わる。そこが他のサロンと違うところ。それが理解できなくて不満の方はお断り。



もし、お店の料金に不満な方は、それはその時点でその店の「お客様」ではないということ。



だから、こちらのサービスを受けたいと思う方が誰でも即、「お客様」というわけではない。



入場制限をかける理由は・・・



トリマーが仕事をする1番の喜びはお客様に喜んで頂くこと。



お客様と一緒になって喜びを共感し、分かち合うこと。



それが出来ない売上は必要ない。



そのためにブランディングしている。



ブランディングは無言の入場制限。



「どんな人でも自由に出入りできるのはイヤ」



という前述の奥様の言葉が妙に今もずっと心から離れない。


ブランドは価格で顧客層をコントロールする

ポルシェに乗りたい。



エルメスが欲しい。



でも「高い!」と感じたなら、あなたはこれらのブランドが想定する顧客ではない。



商品・サービスの価格決定はこのような一流ブランドだけでなく、すべてのお店が生死をかけている。



そのお店の料金が高いと感じたなら、あなたはそのお店の顧客ではない。



お店にとってあなたは必要ないのだ。



顧客を選別するための価格設定なのだから。




決して対応にクレームなどつけてはいけない。



カッコ悪すぎる。



そもそもお客様だと思われてないのだから。



私たち消費者はそのことを忘れてはならない。



犬が好きな普通のサラリーマンが犬の仕事で開業できる!
→モバイルドッグシャンプーカー開業支援はこちら


お店の「お客様」の定義と「失客」とは?

前年度売上1位の上客を失客したことがあります。



それだけではありません。10位以内の上客も同時に。



でもお店には落ち度はありませんでした。



なぜだかお分かりになりますか?



うちはトリミング店です。



そうです、ワンちゃんが亡くなったのです。



ワンちゃんの寿命は10歳程度。



そして当店は創業11年。



だからこそ、元気なワンちゃんの失客は防ぐ手立てをすべきだと言うのは



当然ですが・・・



それでも、上記の理由でいつ売上1位のワンちゃんを失客しても


おかしくないんです。



でもね、全然怖くありません、失客は。



B TO Bビジネスに比べてB TO Cビジネスはロングテールが長いんです。



そのロングテールをもっと長くすればいいんです。



そのためには如何に集客するか?




オーナーの1番の仕事はそれを考えることですから。



つまり顧客数を失客数以上に・・・いや何倍にも増加させる。



それが失客リスクを最小限にするのです。



例え売上1位の上客であろうと、



冷静に見れば、実際には全体の売上の0.00?%の位の売上でしかないのです。



そこで「お客様」の定義とは何か?



最近、飲食店で大量の無断キャンセルやスタッフに対する態度が



問題になっています。



来店する方を無条件でお客様と呼び、



そして「お客様は全員神様なのか?」



と言う議論です。



私は失礼ながら、当店に来られる方を



「お客様」と「飼い主様」に二分しています。



あくまでも私の「心の中」でですが。



私が共感できる方を「お客様」



つまり私が好きな方のこと。



そして、それ以外の方を「飼い主様」と。



「客に向かって何だ!」



それを言った瞬間にもうお客様ではないということを、



私も含めて消費者は認識するべきだと思います。



飲食店に行って料理や飲み物を運んできたくれたら



「ありがとう!」と



一声かける感謝の気持ちは忘れたくありませんね。


ご来店は女性がほとんど。でも実は・・・

トリミングサロンはご来店の90%以上が女性。



しかし実はウェブ検索でお店を見つけたのは55%が男性(当店データ)



これは。例えば奥様の美容院やパン屋さんは奥様自身で検索してお店を選択してるけど、ワンちゃんに関してはご主人と一緒に家族でお店を選択してるのだと思う。



ここに注意しなくてはいけない。



単なる女性ターゲットマーケティングではいけない。



ワンちゃんは子どもと同じだもんね!



ちなみにサロンの年齢層は30才台後半を頂点とし、左右に裾野をもつ山となる。



出張型(モバイルグルーミング)は50才台が頂点となる。出張型は固定客がかなり強固になるというメリットを持つ。


→モバイルグルーミング(出張シャンプーカー)にご興味のある方はここをクリック!



シューティングブレイク ~マーケティングの勝利!~

クルマ好きの方、ベンツのことではありません。



今、成功している方が、『創業時はお客様が一人も来ない日もあって・・・』



と言う話はよく聞きます。




なんかそのストーリーの方がカッコイイです。




私は創業と同時にいきなりブレイクしたので、まったく苦労を知りません。



予約電話が鳴り止まないという日もありました。



これはシューティングブレイクです。




つまりイキナリを狙って結果を出した。




しかし狙っても結果が出ないこともあります。




それは、天の時(社会的な経済状況、業界の成長度などと自分の創業のタイミングが合ってない)、そして地の利が無かった場合。




ではどうやって狙うのか?




どうやってシューティングするのか?




今朝、あるネット広告を見た。




その商品は寝具(マットレス)でした。




既に500万枚も売れたそうで。




で、どんな商品か見てみた。




商品は2つのバリエーション。




ひとつは「低反発タイプ」




手のひらで押さえたら、手形が残るあれ。




もうひとつは逆の「高反発タイプ」




まず低反発が売れて、後から高反発を発売したと見られる。




商品として見れば、低反発タイプはウレタンフォームだと思われ、これは非常に通気性が悪い。




私なら絶対買わない。




もうひとつの高反発タイプはポリエステルのハニカムとポリエステルの固わた仕様のようで、これは経年劣化つまりヘタリが早い。



しかし体にはこちらの方がいいだろう。買うならこちらだ。




そして経年劣化で、買い替えサイクルが早いので、売るのもこちらが有利だ。




しかし、なんのことは無い、普通の商品。



寝具メーカーならどこのメーカーでも作れる普通のやつ。



ではなぜ売れるのか?



それこそ狙ってシューティングしたから。



そして狙い通りブレイクした。



つまりマーケティングの勝利。



サロンもそう。



技術力が優れていれば集客できるわけではない。



ホームページを作って公開すれば集客できるものでもない。



天の時、地の利を学び、そしてライティング(照明ではありませんよ)を学ぶべし。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。