スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分ならどう売り込む?

先日、知り合いの紹介ということで保険の営業マンがやってきました。



めったに名刺を使うことのない私ですが、知り合いの紹介だということなので、
私が名刺を差し出し、挨拶をしようとすると、「名刺が切れています」と。



不思議な人だな(笑)と思いながら、応接テーブルに案内。



すると、いきなり提案書を取り出して、書面を見ながら説明を始めました。



私の情報を仕入れているようで、
すでに契約内容をシュミレーションした提案書を作成して来ています。



「会社を経営されているので、
もし社長に何かあれば会社が困るでしょう。」




これは法人営業の保険セールスの常套句ですが、
こんな言葉をかけられて気持よくなるようでは経営者失格です。




「社長がいなくても困らない会社」



私はほとんどお店には顔を出しません。一日一回、10分程度いるかいないか。



それで、その日気付いたポイントを店長とディスカッションするだけです。



私が居なくてもお店は回ります。



もし社長が居なくなって保険金という一時金が入ったとしても、
時間がそれを食いつぶしてしまいます。



「社長が残さなければならないのは
お金ではなく、事業継続のシステム」
 です。



さて、私はもう既に会った瞬間からこの営業マンに疑問を感じているのですが、
あなたならどう売り込みますか?



契約しますか?この営業マンと?



常に、営業マンの立場になって考えることを習慣にして下さい。



自分ならこのケースはどう売り込む?



私はいつも楽しんでます。



「さぁ、この営業マン、今日は私にどういうふうに売り込んでくれるのか?」



スポンサーサイト

いろいろな書物で起業成功者の話というのがあって、そのほとんどが、



「いやぁ、運が良かったんですよ~」



という話です。



「運が悪かったけど、頑張って成功した」



なんて言う話は聞いたことがありません。



とすると、「運」とは?



自らが導くものだとは考えられませんか?



つまり、起こる現実が毎日の自分の思考そのものだとは考えられませんか?


記事が面白いと感じたなら、




検索窓(開業)

10年後に無くなる職業

ひとつだけ懸念がある。



それは・・・・



自分が新しいことにチャレンジしていなかったり、アイデアが出尽くしていたり、



自分の頭の中が、今日が昨日と同じ、明日もまた今日同じの時。



今日の売上は何ヶ月も前の自分の頭の中が現実になった結果であって、



今もその時の思考ならば、それ以上の結果は出ない。



停滞は現状維持ではなく、退化を意味する。



時間が時代を変えていくわけだから。



それでも毎日前進できるわけでもなく、3歩進んで2歩下がるでも、ぜんぜんOK.



つまり1歩進んでいるのだから。



これってずっと泳いでいないと死んでしまうマグロみたいなもん(笑)



それが幸せかどうかは人によるだろうけど。



「10年後に無くなる職業」



というのがちょっと前にニュースになった。



ITの波に飲まれる。というのが一番大きな要素。



例えば、電気の検針のお仕事。



つい最近、うちのお店にもスマートフォンのような名前の



「スマートメーター」なるものが知らない間に外壁に取り付けられていた。



つまり「最先端のメーター」ということか。



で、パソコンで電力会社のサイトに契約番号を登録すると、



月の料金案内どころか、今現在のリアルタイムの電力使用料さえパソコンに表示されるというもの。



これにより検針する人はもう必要なくなったわけ。



これがIT、つまりデジタルの波。



う~ん、うちの仕事はアナログだから関係ないな。



犬のトリミングだけでなく、整体の仕事の人だってそう。だって、ロボットや機械でできないでしょ。



確かにね。でも・・・



例えば現在、全国にあるコンビニは55,000軒。



歯医者さんは70,000軒。コンビニより多いの知ってた?



接骨院・整体のお店に至ってはなんと100,000軒。



ペットサロンは11,000軒だけど、コンビニが5軒あればそこに1軒あるってこと。



これは何を意味するのか?



経済は言わずもがなの需要と供給。



つまりアナログだから仕事自体は無くならないけど、



それ故に逆に過当競争の波に飲まれる可能性があるってこと。



何にも考えてない。って、あなた!?



終わってしまうよ。



そうならないために、昨日より今日、今日より明日。



マグロとなって(笑)、前に進むしか無い。



追記

10年後に無くなる職業で「動物のブリーダー」というのが気になった。

理由は書いてないのでわからないけど、ぜひ理由が知りたい。

犬が居なくなるときは地球上に人も居なくなる時でしかないと思うから。



検索窓(開業)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。