採用はビビビ婚!

スモールビジネスのオーナーの悩みは「人材」というのが一番のようです。


大きな会社なら何十人、何百人と採用をするのに
面接官がひとりひとりの採用者に「ビビビと来た!」ということは無いでしょうが、
スモールビジネスの場合、たった一人の採用でもかなり重要なことになります。


しかしトリミングサロン業界、
いや業界は何であろうがスモールビジネスに共通することがあります。


面接に来た方に前職の退社理由を尋ねた時、こう答える人がいるのです。


『「責任者にならないか?」と言われたので』


本人は真面目でコツコツを仕事をして来た。


それが上に認められて昇格を打診されたわけです。


普通なら嬉しいはず。


ところが、本人にとってみればそれが苦痛でしかない。


言われたことだけを出社時間から退社時間までコツコツとやっていたいのです。


こういう人たちは結構な割合でいるのです。


こういう人たちを見ていつも思うのです。


「こういう人たちがマジョリティとして居てこそ社会は成り立っている。有り難や。」


こういう精神構造の人たちが社会の底辺を支えている。


社会には必要。しかし、うちの会社には要らない。


昔、松田聖子が結婚する時、その理由を「ビビビと来て!」と言った「ビビビ婚」。


私の場合、面接でひと目見た瞬間、ビビビと来ます。


もちろん来なければ不採用。


セミナーで「ホームページはラブレターであり恋愛だ!」と言っているのですが、
採用もまた恋愛なのです。

スモールビジネスにおいてはその人の才能を愛せなければ採用できません。

それだけ一人の採用が重要なのです。  




第5回ペットフェアin香川にて

第5回ペットフェアin香川に行って参りました。


大盛況でした!


しかも年々、盛況度が増してきています。


他業界の方によく言われるのが、


「世の中ペットブームでいいですよね~」って。


でも、尻すぼみのペットフェアだってあるし・・・


それはやはり主催者・経営者の問題だと思うんです。


主催者の(株)ヤマノの香川社長は人間味あふれる気遣いの人で、熱血漢。


初日の朝、会場に着くと早速私のもとにやって来られて車の停めやすい位置を指示して下さって。


二日目も私が会場に着くなり、誰よりも一番に私の元にやって来られて「昨夜は眠れましたか?」と。


(会場は私の地元ですので日帰り出来ますが、懇親会に出席できるようにわざわざホテルを用意して下さっていましたので)


他に1,000人以上の人がいるのにですよ。
ましてや広い会場内で、しかも私が到着する時間も知らないのにです。


今回の私のセミナーでシメの言葉は


「小さなお店(資本)が大きなお店に「戦わずして勝つ!」」


「私たちの最大の武器は顧客との細やかなコミニュケーション!」


というものでしたが、


まさにそれを実践している方です。


さて、私のセミナーとは別にもうひとつセミナーがありました。


香川社長にお願いして二日目に飛び入りでセミナーを受けさせて頂きました。


その時も、私が時間を忘れているかもしれないことを心配して下さって
「今から始まりますよ」と、わざわざ会場の近くまで来て携帯にお電話頂いて。


本当に細やかな心遣い。


さて、そのセミナーは
「トリマー業界で女性の未来」

そして、「ひとりで居る「強さ」と「弱さ」というテーマ


講師はトイプードルのテディベアカットを日本で初めて流行させたお店に
11年勤められて独立された女性です。


独身で頑張ってきた女性トリマーがいつかは結婚して、子供を産みます。


その時に社会保険に加入していないお店だと出産手当金や育児休業給付金が支給されません。


この業界はほとんどの店(会社)が社会保険未加入という状況。


何人もトリマーを雇用する超有名店でも加入してなかったそうですから、驚きです。


オーナーはトリマーの待遇改善に取り組むべきです。


もちろんうちの店は加入しています。


安心して面接にして下さい(笑)


いや、笑い事ではないですよ。


社会保険に加入していない店から加入している店にどんどんトリマーが流れていきますよ。


当たり前だと思いますけど。


そして「ひとりで居る「強さ」と「弱さ」ですけど・・・


私の考える「ひとりで居る強さ」とは


1,自分で全部コントロールできる。

2,連絡ミスがない。(当然ですが)

3,法定福利費(社会保険など)や税理士の顧問料等の経費がかからない



私の考える「ひとりで居る弱さ」とは


1,ひとりでできることには限界がある。
  つまり売上も天が見える

2,もし病気をしたら・・・
  女性なら出産前後は休まないと・・・

3,将来において年齢、体力的な問題に必ず直面する。


そしてこれも今回の私のセミナーで言ったことですが、


Googleが生産性の研究をした。


どの方法が一番生産性が高くなるのか?


そしてその答えは最もシンプルなものだった。


その答えとは


「チームワーク!」


つまりチームで結束してやることほど強いものはない。


私は先月4月から現場でのグルーミングを完全に引退しました。


それでも今もこうして生きていけるのは
「チームがあるから」に他ならないのです。


もちろん、これから結婚・出産を控えるであろう当店のトリマーも
何が起ころうと他のメンバーがカバーしてやっていけるのです。


オーナートリマーは「自分でやった方が早い」
と思うことがたくさんあると思います。


しかし、敢えて「自分をクビ!」にすることが
次のステージに行く近道なのです。


あ、これは次のセミナー内容。ばらしちゃった(笑)  




真田昌幸にハマる!

放映中のNHK大河ドラマ「真田丸」


現在のところ、大坂の陣で超有名な武将、真田幸村(源次郎信繁)よりも、
親父の真田昌幸が主役のような(笑)


現在のストーリーの後の関ヶ原の戦いで、
次男源次郎は石田(豊臣)方に、長男源三郎信幸を徳川方に付ける。


つまり豊臣、徳川どっちが勝っても、真田は生き残るという戦略。


源次郎は秀吉の懐刀、真田家自体は徳川の与力大名となるのですから、
必然と言えば必然かもしれませんが、徳川をあれだけ敵に回しておきながら
結局、真田家は生き残るのです。


真田昌幸と言うのは中小企業経営者の鑑ですね。


草刈正雄の演技もとぼけてて面白い。



さて、5月11日、12日は香川県丸亀市の総合文化会館アイレックスで、トリミングサロン様向けのセミナーを行います。


「売上を一気に2倍にするサロンの自動集客術!」


前回の福山、岡山よりもバージョンアップしていますよ!


株式会社ヤマノ様主催でお取引先様限定、事前エントリーです。


当日は四国では珍しいシャンプーカーも展示いたします。


エントリー下さったトリミングサロン様、お楽しみに!




思いっきり敗北感を味わう

上客である飼い主のおばあちゃんが入院することになり、退院しても老人ホームに入ることに。


ワンちゃんはもう飼うことはできない。


親戚にも引き取り手がいない。


これからこういうケースが増えるのでしょうね。


飼い主さんとワンちゃんの幸せのためにベストを尽くす。


その気持ちで毎日を送っているつもりだけど、本当にできているのか?


このワンちゃんが今後も本当に幸せに暮らせるように判断できたのか?


それを考えると、二十歳の頃の失恋のように、胸が締め付けられるのです。


ビジネスの黄金律とは


「自分がしてほしいことを相手にする。」


お客様にも、取引先にも、もちろんスタッフにも。


今回の判断は、おばあちゃんが喜んでくれるだろうか?


自分の弱さを思い知り、思いっきり敗北感に浸る。


しかし、人は敗北感を味わってこそ、今後も成長ができるはず。


それを信じて・・・