飼い主さんに聞きました。どうしてこのサロンを選んだのですか?

飼い主さんに聞きました。

このサロンを選んだ理由は?


「家から近いから」が48%でトップ。

「価格が妥当、安いと思ったから」が30%。

「知人・友人の評判が良かったから」が25%

(ペットサロン経営白書2014-2015、複数回答)


マーケティングには3つのMがあります。


この飼い主さんたち(顧客)の動向はこれにまったく当てはまっています。

1,マーケット
2,メディア
3,メッセージ



「家から近いから」→ マーケット
「価格が妥当」  → メッセージ
「知人の評判」  → メディア


まずマーケットを考えてみましょう。


2015年の犬の飼育世帯率は15.8%、
多頭率は1.26なので平均5世帯に1頭(約20%)犬を飼っていることになります。


トリミングサロン約1万店
ヘアサロンは約24万店


トリミングサロンはヘアサロンに比べて1/24。


一見、1/5でちょうどのバランスではと、かなり少ない気がしますが、
犬の場合、サロンに行かない(自宅でシャンプー、または一生涯洗わない)という選択肢があり、
その世帯が半分あったと仮定してもトリミングサロンはまだ出店の余地はあるような気がします。


しかし地域のマーケットは人口が多ければいいと言う問題だけではなく、
当然ですけど近くに競合店があるかないかが大きく左右します。


競合が多い順(カッコ内は1店舗当たり頭数:2014年)

1,石川(438)
2,東京(441)
3,大阪(442)


競合が少ない順

1,高知(1071)
2,岩手(1021)
3,茨城(959)


つまり都会が良くて田舎はダメというのはまったく当たらないのです。


むしろその逆とも言えます。


次はメディアの話をしますが、これも「そんなアホな~」と思うかもしれませんよ。 




もうひとつのタイム・バンパイア。それは・・・

昔、タバコを吸ってたんですが、30年前に
タバコを吸うのは体に悪いというよりも、時間の無駄だと思いやめました。


サラリーマン時代、同僚と倉庫に入って作業する時に、
タバコを吸う人はすぐに「ちょっといっぷく」と言って休みたがるのですが、
私は作業は集中してやらないと気がすまないタイプ。


インターバルを置くのがイヤなんです。


でも1人だけ作業を続けるのは全体の効率が悪くなるので、
しかたなく休憩に付き合っていました。


独立して1人で仕事をするようになって、
自分のペースで集中してできるのは、本当にストレスフリーでした。


そして今は、1日1食生活です。


ダイエットというよりも集中して仕事をするためです。


12時になって、『お昼かぁ、何か食べなきゃ』なんて気にすることがなくなりました。


その分、集中できるんです。昼食を外食するために移動する時間、食べる時間が節約できます。


事を成そうとする時、時間こそが一番大事なのです。


そして私にとってこれは副産物ですが、当然ながら痩せます。


一番、成功率が高く、リバウンドのないダイエットでもあるのです。




タイム・バンパイア VS 時間防衛軍

十数年前の4月のこと。


当時勤める会社で「会社の近くの公園で花見をしよう」ということになった。


開始時間は18時。


私は得意先から直接、現地に行った。着いたのは18時少し前。


まだ誰も来ていなかった。


こういう時は普通、新入社員が場所取りで早く来ているのでは?


というのは古い価値観なのかもしれない。


しばらくしても誰も来ない。


ゾロゾロと十数人が現れだしたのは19時前頃。


まさかの1時間遅れ。


私は見事に1時間という時間を吸い取られてしまったのだ。



「どうせみんな遅れて来るから。1時間くらい後でちょうどいい。」


みんながそう思ってるようだ。


これを香川県では『さぬき時間』と言うらしい。


他県でも『◯◯時間』というのは存在するのだろうか?


信じられないことだ。



私は電話機がキライだ。


固定も携帯もぜんぶ。


しかたなく折りたたみケータイは持っているが、スマホは持っていない。


そんな私を上回る人の話。これも十数年前。


得意先のバイヤーのケータイ(個人所有)に電話しても、絶対に出てくれない。


でも自分からはこっちに掛けてくる。


「なんで電話に出てくれないんですか?」


と私が、尋ねると


「ケータイは自分が必要な時のために持っている」


「必要な時と言うのは自分が相手にかける必要があった時だけだ」


その時は


「なんなんだよ、この人は。変人もいいとこだ!」


と思ったものだが、


今では


「彼は正しかったのだ」


とも思える。


私の将来の目標は「ケータイ電話を持たない!」だ。


ビートたけしのように持ってない人はいる。


それは優雅な時間を過ごしているからこそなのだと思う。



オープン・ドア・ポリシーというのがある。


社長が社長室を持たず、社員と同じフロアにいること。


まさに現場主義の素晴らしい社長。


と思っていた時期があったが、これも間違いだと気付いた。


社長など、フロアにいない方がいいのだ。


それについては後ほど詳しく。 




デキる営業マンはこれをやる!

めったにお店にはいない私ですが、
それでも何人もの営業マンが飛び込みで来ます。


ということは日頃、トリマーの時間を飛び込み営業マンが
どれほどバンパイアしてるのかと思うと恐ろしくなります。


私がいない場合、全員が即断られて帰ることになるのですが、
めったにいない私が居た場合、話を聞くかどうかは5秒以内に判断します。


即お帰りの営業マンのパターン


「わたくし、こういう者でございます。」と名刺を差し出す。

「◯◯はいかがでしょうか?」


いらん、帰って~!

となる。



一方、話を聞いてもいいかな?と思うパターン


「オーナーさんですよね、キレイなお店ですね~、トリミングにホテル、ドッグランもされてるんですね。」

「それにトリマーさんもたくさんおられるんですね。」

「私もワンちゃんが好きなんですよ~」


お世辞はどうでもいいのですが、即お帰りパターンとの違いは・・・


「この店に入ろう」と思ったら、
店に入る前にタブレットやスマホでホームページとFacebookを確認してる。


つまり事前にこの店はどういう店なのかの情報をインフォメーションして、
こちらの店のことから語る。


即お帰りパターンの営業マンはいきなり商品の説明を始める。


営業に出るならせめて営業の4つのステップを学んでから出るべきだし、
逆に会社は教えてから営業に出すべきだとつくづく思うのです。


①アイスブレイク
見込み客の心をほぐす、雑談など


②ヒアリング
見込み客のことを訊き、知る


③プレゼンテーション
見込み客に提案する


④クロージング
見込み客に決断を促す


で、即お帰りパターンの営業マンは①の段階でアウトになってる。


会社がなぜ教えないのか不・思・議