自分をクビにする!

私はサラリーマンを退職してから起業するまでの準備期間は訳あって1年間を要したが、
その間1日も休まず1日16時間パソコンに向かって起業準備していた。



今は毎日基本的に午前中だけ働いている。それでも8時間の労働時間だ。



もちろんその時間には非生産性の時間もある。



いやこの言い方はおかしい。



むしろ非生産性の時間の方がほとんどだ。



事務処理に追われることは生産性の時間とは言わないし、
実際の営業オペレーションも生産性の時間だとは思っていない。



生産性の時間とはすなわち、マーケティングについて思考する時間である。



業務の拡張性とはレバレッジを利かすことであり、
自分自身で営業オペレーションをやってしまうことほど無能なことはない。



もちろん起業当初は自分自身ですべてやらなくては始まらない。



しかし考えてほしい。自分1人で何が出来る?



誰もがいつかはそれを考える時期が来る。



モチベーションもそうだ。



いつかはモチベーション自体も上がらなくなる。



起業前、そして起業間もない方には想像もつかないかもしれないけど、
起業当初あれほど欲しかった顧客のからのオファーに拒否反応を示すようになることもあり得るのだ。



だから必ずそのステージは卒業しなくてはならないのだ。 







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する