サロンは生体販売の流れ、変化に対応しなくてはならない!

欧州の先進国ではペットショップで子犬や子猫の生態販売はありません。



米国では州によって法律が違いますが、
ペットショップでの生体販売は「保護動物に限定」という流れが進んでいます。



日本は遅れていますが、日本も今後間違いなくこの流れになります。



パピーミル撲滅は悲願です。



これに変わりはありませんが、私達トリミングサロンには変化が訪れます。



そもそも犬は減少傾向にあり、近い将来、猫の頭数と逆転する傾向にあります。

→ ペットフード協会調査



なおかつ生体販売の規制と動物愛護の意識向上で純血種が減少、雑種の飼育率が増加すると思われます。



さらに高齢化社会におけるサービス、つまり「訪問」というキーワードで、
出張ドッグシャンプーサービスは益々有利になりそうです。



逆に小型純血種をメインとするサロンはサービスの高品質化と
お店のスペシャリティ化が求められる時代になりそうです。



毎年どんどん増えているトリミングサロンは今後、
生き残りをかけた戦いとなるでしょう。



そのためにどうすればいいのか、ここでさらにお伝えして行きます。 





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する