無視・称賛・非難

トリミングサロンの経営セミナーをやっていて、
オーナーの皆さんの一番の悩みは・・・


実は「儲からない」とか、そう言った財政的なことではない。


一番の悩みは「従業員」のこと。


自分の思ったように動いてくれない。


ベテランで今まで貢献してくれたスタッフが、
最近怠慢になっているが言えない。


自主性に任せるとつけあがって勝手なことばかりし、
注意すると態度が悪くなる。


などなど。


あるビジネス出版社で一番売れた本は

従業員がどんなに時間を盗んでいるか、

それにどう対処するのか・・・

などが書かれた米国の本だった。


まさにトリミングサロンオーナーの悩みと一致する。


そもそも社長と従業員はまったく別の生き物なのである。


それを踏まえていないとストレスばかりになる。



昨日は午前中に3月卒業の新卒の子の実地研修を終えてから

午後はビジネスパートナーでもある親友と

新事業とその新会社立ち上げの打ち合わせ。


そこで私が前述の

「一般的に社長の一番の悩みって人材なんだよねぇ」って話を振ると

親友から出てきたのが

「無視・称賛・非難」

という言葉。



これは社長から見た従業員の期待度の三段階のレベル。


「無視」は言うまでもなく期待度0。


「君はよくやってるね。」

「社長に褒められた。ボーナスアップかも?ルンルン!」


社長に褒められたこの子、
実はさほど社長に期待されているわけではない。


「何やってんだ~!」

「今日も社長にボロクソ。やってらんねー!」


社長にボロクソに言われて初めて、
その従業員は期待されているのだ。


これを何も言われずに理解できる従業員は少ないが、
もし理解できればりっぱなリーダー(経営者)になれる資質がある。


もしあなたが従業員なら、あなたはどのレベル?   




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する