金持ちケンカせず

近くに電器店があるのですが、
その電器店以外のお店やネットで購入した商品でも、
そのお店と取引のあるメーカーの商品なら修理受付してくれます。


これはとても便利で、しかも対応はパーフェクト。


しかし、ネットで購入して、
その電器店と取引のないメーカーの場合、
直接そのメーカーまたは輸入代理店に自分で修理依頼しないといけません。
当たり前ですね。


この場合よくあるのが、
メーカーや輸入代理店の対応が横柄なケース。


電話の態度が横柄だったり、
商品を送ったのに何日経っても一向に連絡がなかったり、
不良品なのに代引きで一方的に請求されたり。


こんな場合、あなたはクレームを言いますか?


頭にきて思わず言うかもしれません。


クレームを言う人の場合、
また買いたいと思う気持ちが少しでもあるからこそ言うのです。


「今度はちゃんとしてね。」と。


しかし、言わない人の方が割合としては多い。


で、その人達はどうするのか?


「もう2度と買わない。」


いわゆるサイレントマジョリティです。


お金持ちは面倒なことに自分の時間を割きません。


黙って去ります。


そして次は別のところで購入します。


「クレームがないから大丈夫」ではなくて、
客足の変動原因を常に意識していなくてはなりません。


そのためには詳細なデータ管理が必要になります。


オーナーの仕事はマーケティング。


その仕事の中にはデータ分析も含まれます。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する