スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一大決心

本能寺の変で信長が死んで、真田家はその後どうするのか決断を迫る源三郎に昌幸が言ったひとことが胸に刺さります。

源三郎「父上の本心をお聞かせください」

昌幸「わしの本心か?でははっきり言おう…」
  「全く分からん!!」

昌幸「源三郎、どうすればいいのかこの父に教えてくれ!
   源三郎、教えてくれ!!」

ほんま、わからんのです。やってみないと。

しかも結果はすぐには出ないかもれしれないんです。

その決断が結果として浸透するには一年かかるかもしれないし。

で、一年後「ガ~ン!」では困るんです。

だからわからんのです。

勝負を賭けた大きな決断はほんと重いです。

でもひとつだけ言えることがあります。

『迷ったら一歩前へ!』
星野仙一の言葉です。

ええわぁ、草刈正雄の昌幸。最高でした。

そんな一年でした。皆様よいお年を!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。