サロンの社会保険加入は強力な武器である!

社会保険(厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険)に加入していない店がなんと多いことか。


サロンのほとんどが加入していない。


特に自営の場合、アシスタントを1人2人雇う場合、自分が厚生年金に加入できないのですから、スタッフだけというのはめんどうでしょうね。


(自営業者の従業員の厚生年金・健康保険の加入義務は5名以上だけど、それ以下は任意)


いや、だからこそ、加入すべき。


最大のメリットは優れた人材確保。


人は城、人は石垣(武田信玄)


企業は人なり(松下幸之助)


もちろん『人』の前には『優秀な』という形容詞が付く。


もしうちの店がオープンと同時に社会保険に加入していなければ、今の店は無い。


今のような優秀なスタッフは集まっていないだろう。


それほど威力のある武器である。


それは他店のほとんどがやっていないから。


大きな企業から見ればレベルの低い争いだけど(笑)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する